藤井風『青春病』の読み方は?Seishun Sickで英語読み?

J-POP

岡山県出身のシンガーソングライター「藤井風」さん。

Honda「VEZEL e:HEV」のCMソングでもある『きらり』は、Billboard JAPANチャートにおけるストリーミング累計再生回数が1億回を突破し、更に勢いを増しています!

藤井風『青春病』の読み方は?Seishun Sickで英語読み?

2020年10月29日に自身初の日本武道館ワンマンライブ『Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020” HELP EVER HURT NEVER』を成功させた藤井風さん。

この日本武道館公演で風さんは『へでもねーよ』『青春病』という新曲2曲を初披露しました。

そして翌日10月30日には、この2曲を同時配信リリース。

2曲とも、とてもインパクトのあるタイトルですよね!

どちらの曲も藤井風さんらしい世界観の曲ですが、読み方について様々な議論がある『青春病』について調べてみました!

『青春病』とは

上記でも述べましたが、『青春病』とは2020年10月30日に配信リリースされた藤井風さんの楽曲です。

メロディーはとても軽快でさわやかな印象の曲です♪

ここで『青春病』の歌詞を一部抜粋します!

青春の病に侵され

儚いものばかり求めて

いつの日か粉になって散るだけ

青春はどどめ色

青春にサヨナラを

「粉になって散るだけ」「青春はどどめ色」など、衝撃的なフレーズが並んでいます(笑)

因みに「どどめ色」とは、正確な定義のない色だそうです。方言では、桑の実、青ざめた唇の色や打撲による青あざの表現に用いられ、赤紫や青紫、黒紫を指すそうです。

このややネガティブな表現を用いることによって、「青春はずっとは続くものではない」「儚く残酷なものである」ことを表現しています。

「青春」とは、様々な理想や憧れ・希望を抱く時期ですよね。

とてもキラキラとしたイメージですが、青春は永遠には続かず、歳を重ね、現実を受け入れていくものです。

この曲では、過去にとらわれ過ぎてしまわないこと」や「未来に向かって懸命に走る様子」がつづられているのです。

きっと、風さんがこれまで実際に感じた苦しみや、抱えていた葛藤をもとにした曲なんだなと感じました。

自分が感じた事を歌にして、それを多くの人々に伝えるワードセンス、素晴らし過ぎます…

決して、「青春時代」を否定するわけではなく、思い描いていた理想とは少し異なっていても、今を懸命に生きる。

「現在」を肯定するための曲であると感じました。

歌詞の解釈は様々だと思いますので、ぜひ、藤井風さんの込められた想いを感じ取りながら聴いてみて下さい♪

『青春病』の読み方は?

もちろんのことですが『青春病』とは、藤井風さんが考えた造語で、実際にある言葉や病名ではありませんよね。

そのためか、このタイトルの読み方に疑問をもつ方が多くいらっしゃるようです。

私は普通に「せしゅんびょう」と読んでいましたが、どうなんでしょうか…。

Seisyun Sickで英語読み?

公式インスタグラムや、ミュージックビデオでの記載は『青春病』(Seisyun Sick)となっており、『青春病』と書いて『せいしゅんしっく』と読むのでは?とも思えますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

 

ちょっと話が脱線しますが、公式インスタグラムに『Seisyun Sick』にまつわる、こんな投稿をみつけました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

これは、中学生時代の藤井風少年でしょうか…

変顔をしていますね(笑)

この時代から陽気な性格なんですね!微笑ましいです!

『せいしゅんびょう』?『せいしゅんしっく』?

長い動画ですが、こちらの動画で風さんが少しだけ、この曲のタイトルについて触れていました!

こちらは2021年1月1日のライブ配信のアーカイブです。

この動画の34分あたりからです。

『せいしゅんびょう』『せいしゅんしっく』どちらでもいい。

好きなほうを呼んだらよろしい。

との事です!

まあ確かにどちらの読み方でも意味が変わるわけではないので、どちらでも良い気がしますね(笑)

まとめ

ファンのあいだでは、『青春病』というタイトルについて様々な議論がなされていましたが、結果は「せいしゅんびょう、せいしゅんしっく、どちらも正解」という結果でした!

風さんの曲はメロディーやリズム構成も素晴らしいですが、卓越したワードセンスの歌詞が多く、とても勇気や元気をもらえます!

ぜひ、曲に込められた藤井風さんの想いを感じ取りながら聴いてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました