米津玄師(よねづけんし)とハチの関係は?同一人物?名前の由来は?

J-POP

今や国民的アーティストのシンガーソングライター米津玄師(よねづけんし)さん

『Lemon』や『LOSER』など自身の曲はもちろん、Foorinの『パプリカ』や、嵐の『カイト』、菅田将暉の『まちがいさがし』など、プロデュース曲も大ヒットしています。

そんな米津玄師さんのtwitterやYoutubeの名前を見ると、米津玄師さんの横に「ハチ」という名前があります。

この「ハチ」とはいったい誰なのでしょうか?

米津玄師(よねづけんし)とハチの関係は?同一人物?名前の由来は?

twitterでは「米津玄師 ハチ」と明記されており、YOUTUBEの再生リストにも「ハチ/HACHI」と表記があります。

結論を言うと、ハチ」は、米津玄師さんご本人です!

公式HPにも「ハチ/米津玄師」と両方の名前が記載されていました!

名前が2つありますが、一体どのように使い分けをしていているのか?由来はあるのか?気になります。

米津玄師(よねづけんし)とは?

プロフィール

名前 米津玄師(よねづけんし)
生年月日 1991年3月10日
出身地 徳島県
学歴 徳島県立徳島商業高等学校 卒業
事務所 REISSUE RECORDS

この米津玄師さんという名前は本名だそうです!

一時期こちらのツイートを固定ツイートにされており、話題にもなっていました。

苗字も名前もとても珍しいので、すぐに覚えてもらえそうですね!

2012年にアルバム『diorama』でソロデビューし、翌年『サンタマリア』でメジャーデビューします。

2014年発売の『アイネクライネ』が、東京メトロのキャンペーンソングに起用されると、テレビドラマの主題歌に『Lemon』、CMソングに『LOSER』など、出す曲のほとんどがドラマやCMのタイアップ曲になっていきます。

2021年6月に発売された『Pale Blue』ですが、こちらもドラマ「リコカツ」の主題歌となっています。

キャッチーな音作りが特徴的な米津玄師さんですが、デビュー前から音楽評価が高く注目を集めていました。

どこで注目を集めていたのでしょうか?

ハチ/HACHIとは?

米津玄師さんは、2009年頃と本名名義より前からボカロPとして活動を開始していました。

そのボカロPでの名義が、「ハチ」または「蛙屋(かえるや)」という名前で活動されていました。

ボカロPとは音声合成ソフト「VOCALOID」などを使用し、楽曲を制作、動画投稿サイトへ投稿している人の総称です。

有名なVOCALOIDですと「初音ミク」などがあります。

物語性のあるおとぎ話のような楽曲が、ニコニコ動画上で若者を中心に非常に話題になり、「wowaka」や「Deco*27」と並ぶ有名ボカロPとなっていきました。

ハチ名義で30曲ほどニコニコ動画にて動画投稿をしていたそうですが、現在ニコニコ動画は全て削除されており、YouTubeにて聞くことが可能です。

『マトリョシカ』

「ハチ」名義で最も再生数の多かった楽曲です。

作詞作曲はもちろん、驚いたのは、MVのアートワークや動画作り、ミックス、プログラミング、アレンジなども全て一人で手掛けているそうです!

非常にクオリティーの高い作品ばかりで、曲作りだけではない米津玄師さんの多才さが伺えます。

こうした活動がきっかけで音楽の才能が開花し、後に「自分の力でどこまでいけるか試したい」と本名名義で活動していきます。

このボカロPの活動から、メジャーシーンへ活動を広げる人も多くなっていきます。

米津玄師さんがきっかけとなり、YOASOBIのAyaseさんや、和楽器バンドの亜紗さんなど、多数のアーティストが活躍しています。

ハチ/HACHIの由来とは?

可愛らしい名前ですが、なぜ「ハチ」という名前にしたのでしょうか?いくつか由来があるようです。

  • 親戚の飼っていた犬の名前が「ハチ」だった。
  • 米津玄師さんのお姉さんが大ヒット漫画「NANA」を愛読しており、「NANA」に出てくる主人公のあだ名、「ハチ」からとったそう。

いずれも確証はありませんが、米津玄師さんが「ハチ」という名前に誇りを持っているように感じます。

どこかで由来を話してもらえる日が楽しみですね。

現在も数年に1度、「ハチ」名義で楽曲を投稿している米津玄師さん。

音楽シーンの最先端で活躍されているので、これから発表される楽曲もさらに期待値が高まりますね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました