米津玄師(よねづけんし)落語好きが高じて噺家に転身?落語&羽織ブーム到来の予感?

寄席 J-POP

シンガー・ソングライターの米津玄師(よねづけんし)さん。

2021年6月16日に発売された『Pale Blue』はTBS系金曜ドラマ「リコカツ」の主題歌になり、チャートでも1位を獲得し続けています!

そして、『Pale Blue』に収録されている『死神』のミュージックビデオ(MV)がYouTubeチャンネルで公開され、話題になっています!

米津玄師(よねづけんし)落語好きが高じて噺家に転身?落語&羽織ブーム到来の予感?

なんと!

あの米津玄師さんが、落語家(噺家)になってPVに登場するというのです!!

米津玄師さん、「落語」という世界からは、正反対の場所にいるような気がしますが・・・?

落語家な米津玄師誕生?

2021年6月16日にリリースされた『Pale Blue』に収録されている『死神』のMV(ミュージックビデオ)が、6月24日22時13分に米津玄師さんのOFFICIAL YouTubeにて公開されました。

オリコンミュージックによりますと、

MVは24日午後4時13分にYouTubeチャンネルでプレミア公開され、6時間後の午後10時13分に公開された。
プレミア公開の時刻は、「4=死」とタロットカードの数字の意味でもある「13=死神」に由来。MV公開時間は、「22=タロットカードの数」「13番目のカード=死神」という設定となっており、不吉な時刻に公開した。

そして、公開からわずか2時間48分100万再生を達成!

スゴイ勢いです!!

不吉だらけにこだわってスタートしたというのに(笑)

そして、この『死神』は、古典落語の演目である「死神」をモチーフに作られているそうで、MV(ミュージックビデオ)の舞台は落語の寄席。

その上、噺家(はなしか)をはじめ、死神や観客、すべての役を米津玄師さん本人が演じているのです!

米津ファンにとっては、ウッヒャーーーーー!ものです(笑)

噺家の演技指導も、落語家さんの柳亭左龍(りゅうてい さりゅう)氏が手がけていて、まさに本格的な仕上がりになっています!

ホンモノの噺家さんも続々反応!

そして、ホンモノの噺家さんたちも、ツイッターで続々反応しています!

(古典な落語の世界でも、時代はSNSなツイッターなようです・・・笑)

噺家(はなしか)の本業の方が「凄くカッコ良かった」と仰っています!

そして、落語家さんたち、ここぞとばかりに(?)乗っかってきてます(笑)

落語&和服ブーム到来の予感?

米津玄師さんの『死神』のPVで、落語熱に火が付いた方も多いようです!

なかなか寄席に行ったこともない方も、気軽に落語をYouTubeなどで楽しめる時代ですしね♪

そして、米津玄師さんの羽織姿が新鮮です!!

そして、米津玄師さんの羽織姿にメロメロな方も多く、ホレてまうやろ!っとトキメキを新たにされた方も多いのでは?

このPVをきっかけに落語&和服ブームがくるかもしれませんね!!

これからも米津玄師さんから目が離せません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました