BTS(防弾少年団)のワールドワイドハンサムJIN(ジン)のイケメンエピソードとは!?

WWH “ワールドワイドハンサム”こと、BTS(防弾少年団)の長男JIN(ジン)は整形外科医が認めるほどのイケメンである事で有名です!

2018年には「黄金比率と一致する完璧な顔」に海外の整形外科医達によって選ばれました。

男性的な目鼻立ちと女性的な目鼻立ちの利点を組み合わせどの角度からも完璧に美しい顔立ちと評されています!

BTS(防弾少年団)のワールドワイドハンサムJIN(ジン)のイケメンエピソードとは!?

そんなJIN(ジン)のワールドワイドハンサムと自他共に言われる所以に迫ります!

JIN(ジン)のプロフィール

まずはJIN(ジン)のプロフィールから見ていきましょう。

(参照:Weverse)

活動名 JIN (ジン)
本名 김 석진 (キム ソクジン)
誕生日 1992年12月4日
身長/体重/血液型 178.3cm/61kg/O型
ポジション サブボーカル・ビジュアルライン
学歴 ボソン中学校→ボソン高校→建国大学(芸術デザイン学部・映画学科) →漢陽サイバー大学
家族構成 父・母・兄

BTS(防弾少年団)では長男のJIN(ジン)は、実際にはお兄ちゃんのいる末っ子だそうです。

シリアスな雰囲気を好まないJIN(ジン)は、親父ギャグを言ったり、ナルシスト発言をしては場を(凍らせて)和ませています♪

中学生の頃にSMエンターテインメントからスカウトを受けていますが、詐欺だと思い、応じなかったそうです。

その後、大学在学中にBigHit関係者にスカウトを受け、BTSの練習生となりました。

BTS(防弾少年団)の中で唯一ダンスや音楽の経験がなく、20歳になってからアイドルになったJIN(ジン)をBTSのプロデューサーであるパン・シヒョクPDはこのように評価しています。

「とても常識のある人物で、弟達が基準線の外に出て行かないよう、面倒をみてくれている。」

並々ならぬ努力で今のパフォーマンスを手に入れたのであろうJIN(ジン)ですが、インタビューでは自分が他人より優れていることは何かと聞かれたら、BTSのメンバーであること以外にないと語っていました。

最年長として弟たちを見守りながら、歳下のRMにBTSのリーダーの座を委ね、謙虚でいるのもJIN(ジン)の魅力です!

“Love My Self”を体現するJIN(ジン)のイケメンエピソード!!

エピソード1:実物のJIN(ジン)

LIVEやサイン会、ファンミーティングでJIN(ジン)を生で見た人々は映像や写真の何倍もかっこよかったと口を揃えます。

「近くで見たわけじゃないけど、本当にルックスが良いのがわかる。肩幅が太平洋のように広くて、顔がなくなってしまうんじゃないかというくらい小さくて、肌も綺麗で、本当にハンサム・・・!!」

偶然会ってしまった方はあまりにJIN(ジン)がかっこ良すぎて、しばらく動けなくなるほどのイケメン具合なのだとか・・・。(メデューサ?)

JIN(ジン)と同じ大学で俳優のソン・ガンは実際にキャンパスでJIN(ジン)を見てこう話しています。

「学校でジンの実物を見て驚いた。人生で見た一番のイケメンだった・・”ああいう(きれいな)顔じゃなければ、芸能界デビューできないんだろうな”と、ただただ驚くばかりだった。」

ソン・ガンはJIN(ジン)に刺激を受け、自分を磨き、見事俳優としての成功を収めています。

実物のJIN(ジン)は人に影響を与えるほどのイケメンのようです。

エピソード2:Love My Self

ある日のV LIVEでは、メンバーでリーダーのRMによってJIN(ジン)がシャワーをする際に鏡に映った自分があまりにかっこ良すぎて心臓麻痺を起こしそうになったというエピソードを暴露されています。

RMの暴露にJIN(ジン)は暴露に突っ込みながらも、ノリノリで髪をかき上げながら状況を話していました。

他にも街を歩いていて、自分よりかっこいい人を見つけたと思ったら鏡の中の自分だった。

など自分以上にかっこいいのは、自分であるエピソードを笑いながら話してくれています。

2018年KBS歌謡祭ではJIN(ジン)の司会中にARMYが「チャルセンギョッソー!!(かっこいいー!)」と叫ぶと、それを聞いたJIN(ジン)はすかさず、

「はい。僕はかっこいいです。」

と答え、一緒に司会をやっていたEXO チャニョル・TWICE サナ・Red Velvetアイリーンを驚かせながらそのまま何事もなかったかのように司会を続けました。

その時の映像がこちらです。

JIN(ジン)が自分のかっこよさを認めるナルシスト発言は数多くありますが、以前にJIN(ジンは)このように話しています。

「メンバーが笑顔になることで、自分も幸せになれる。だから人を笑わせるのは自分のためでもある。笑いや辛いことを共感することが互いの支えとなり、前に進む助けになる。」

JIN(ジン)のナルシスト発言はBTSが掲げる“Love My Self”でもあり、ARMYやその場を盛り上げるためのパフォーマンスでもあるようです!

 

エピソード3:ビジュアルに関する秀逸なあだ名

「ワールドワイドハンサム」の他にも、このようなあだ名をJIN(ジン)は持っています。

  • ジンプリンス
  • 車ドア男
  • 左から3番目の男
  • ベスト男(ウエストコートを着た男)
  • ファンキーバラ投げ男
  • プレーンブラックスーツの男
  • ピンクマイクの男
  • 大門男

・・・etc

JIN(ジン)が番組や授賞式に登場する度に、驚くべきイケメンなビジュアルからさまざまなあだ名が付けられています!

この先、どのようなビジュアルにまつわるあだ名ができるのかも注目です!!

まとめ

ただのイケメンだけではなく、謙虚な常識人で、努力家で、人に良い影響を与える事のできる人物だからこそ“ワールドワイドハンサム”の名にふさわしいイケメンである事が分かりました!

メディアに登場する度に世界を沸かせるイケメンすぎるビジュアルJIN(ジン)のポジティブなマインドこそがワールドワイドハンサムと言われるにふさわしい理由のようです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です