星野源のあだ名や愛称(ニックネーム)は?学生時代は陰キャラ?

星野源

任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」35周年テーマソングを担当するなど、大活躍している「星野源」さん。

また、2021年には、女優の「新垣結衣」さんとの結婚が話題になりました。

星野源のあだ名や愛称(ニックネーム)は?学生時代は陰キャラ?

そんな「星野源」さんのあだ名や学生時代の様子を紹介します。

星野源とは?

星野源

まず、「星野源」さんのプロフィールを紹介します。

名前 星野源
生年月日 1981年1月28日
出身地 埼玉県
職業 シンガーソングライター、俳優
事務所 アミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)

星野源のニックネームは?

次に、「星野源」さんがどんなニックネームで呼ばれていたのかを紹介します。

小学校の頃のニックネームは、「おじいちゃん」で、そう呼ばれるほど暗い性格でした。

「星野源」さんの学生時代については、後ほど詳しく紹介します。

映画『引っ越し大名!』で、ニックネームをつけられていた?

「星野源」さんが主演を務めた、時代劇映画『引っ越し大名!』の完成披露試写会で、ニックネームがつけられました。

「星野源」さんの演じる、「片桐春之介」は「カタツムリ」というニックネームで呼ばれています。

そのことにちなんで、ずんの「飯尾和樹」さんが、共演者や監督にニックネームをつけました。

「星野源」さんにつけたニックネームは、「国産ホワイトアスパラ」です。

「星野源」さん、「高橋一生」さん、「及川光博」さんの3人合わせてそう名付けられました。

なぜ「国産ホワイトアスパラ」なのか、ということは明かされていません。

ファンからはどのように呼ばれている?

「星野源」さんは、ファンからどんなニックネームで呼ばれているのでしょうか。

ヤフー知恵袋には、このような回答がありました。

大体が「源さん」
3割ほど「源ちゃん、源くん」
少数「おげん」
(割合は個人的感覚です)

とか、呼び名はこんな感じですが、あだ名的なものはないような。

ニックネームらしいものはなく、ほとんどの人が、下の名前でそのまま呼んでいるようです。

どんな学生時代を過ごしていた?

最後に、「星野源」さんの幼少期や、学生時代について紹介します。

「星野源」さんの幼少期は、とても明るい子供だったと話していました。

星野は自身の4歳の頃について「ものすごい明るかったらしいです。あんまり記憶がないですけど」として「幼稚園で教頭先生に『オバQ音頭をかけろ』ってすごい言って」「園内放送でスピーカーからガンガン流れててど真ん中でガーって踊ってたらしいです」と振り返った。

ですが、小学生になってからは暗くなっていきます。

「そこから、どんどん暗くなっていきます」と自身の性格の変化について明かし、「小学生くらいから本当に『おじいちゃん』ってあだ名になるくらい」と、活発な性格が一変したと語った。

また、いじめられていたこともあり、それが原因で体調不良を起こしていました。

「すごく内気な子供だったんです。小学校のときに内気すぎて、親が、「これで普通の公立中学に行ったら、いじめられるかもしれない」と心配したんですね。小学校のとき、若干ちょっといじめもあったので、それで神経性の腹痛によく罹って、通学路の途中までしか行けない、みたいになっていたんです。
一時期は毎朝、途中にあるスーパーのトイレに寄ってから行く、みたいなのが日課で。それで遅刻が多かったので、これで公立はやばいぞ、ということで、親が見つけてきてくれたのが自由の森だったんです。ここなら遅刻しても大丈夫だという」

体調不良を起こしている「星野源」さんを心配して、ご両親が見つけたのが、「星野源」さんの出身校である「自由の森学園中学校・高等学校」でした。

自由の森学園中学校・高等学校での様子は?

自由の森学園は、名前の通り自由な校風で有名な学校です。

そこで「星野源」さんはどのように過ごしていたのでしょうか。

ウェブサイト「日経ビジネスオンライン」の対談では、次のように話していました。

「自由の森は、中高一貫の学校なんですけど、雰囲気は大学みたいなんですよ。私服だし、中学は単位が必要ないので、授業に出なくても卒業できるという。本当は授業には出なきゃいけないんですけど」
「授業に出ないと、もちろん先生は怒るんですけど、僕は授業中にずっと、ギターの練習とか芝居のけいことかをやっていたので」

自由にギターや芝居の練習をしていたからこそ、今の「星野源」さんがあるのかもしれません。

ただ、自由だったからこそ今、後悔していることもあるようです。

「やっぱり今、すごく後悔しているのは、勉強しなかったことで、ここに来て、本当に罰を与えられている感があります。僕は本当に知能が低いというか…」

まとめ

  • 小学校の頃は、「おじいちゃん」というニックネームで呼ばれるほど、暗かった。
  • いじめられていることを心配した「星野源」さんの両親が「自由の森学園」を勧める。
  • 「自由の森学園」で「星野源」さんはギターや芝居の練習をして過ごしていた。
  • 映画『引っ越し大名!』で、「星野源」さん、「高橋一生」さん、「及川光博」さんの3人合わせて、「国産ホワイトアスパラ」というニックネームをつけられた。
  • ファンは、ほとんどの人が「源さん」「源ちゃん」「源くん」のどれかで呼んでいる。

自由な校風が有名な「自由の森学園」で、存分に感性を磨いてきた「星野源」さん。

音楽でも、芝居でも常に最前線を走る「星野源」さんの活躍に、これからも期待できそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。