藤井風のお気に入りのマントラはサイババが由来?かなりのスピリチュアリストという噂!

藤井風

日本の音楽シーンに突如として現れた期待の新人シンガーソングライター「藤井風」

そんな藤井さんはかなりのスピリチュアリストで、瞑想やマントラが日課のようです。

藤井風のお気に入りのマントラはサイババが由来?かなりのスピリチュアリストという噂!

この記事では彼のお気に入りのマントラの言葉や、彼の音楽性の宗教的バックグラウンドについて掘り下げていきたいと思います。

藤井風のお気に入りのマントラ?

「マントラ」とはサンスクリット語で「文字」、「言葉」を意味し、日本語では「真言」と訳されます。

密教では仏や菩薩の誓い、教え、功徳などがある言葉とされ賛歌や祭詞、呪文などもマントラに含まれます。

過去に藤井は雑誌「GQ JAPAN」や「TikTok」で自身のお気に入りのマントラを紹介していました。

その動画がこちらです。

@gqjapan 藤井風(日本)──世界中の『GQ』が選んだ、未来の音を生み出すミュージシャンたち。 #soundsfromthefuture #gq #gqmagazine #藤井風 #fujiikaze ♬ オリジナル楽曲 – GQ JAPAN

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

ここで彼が唱えているマントラの言葉と意味はこちらです。

「Samasta Loka Sukhino Bhavantu」

意味「世界の生きとし生けるもの全てが幸せで自由になりますように」

実はこの言葉はインドの大聖者サティヤ・サイ・ババさんの言葉が由来のようです。

藤井風のマントラの由来はサイババ

サティヤ・サイ・ババ、通称サイババはインドのスピリチュアルリーダーで、インド国内でも多くの要人も聖者として認める霊的指導者です。

国内外に多くの信者がおり、藤井さんも彼の考え方や言葉にかなりの影響を受けているようです。

そのサイババのマントラの中に藤井さんが唱えたマントラがありました。

アルバム「HELP EVER HURT NEVER」もサイババ由来!?

2020年5月20日にリリースされたオリジナルアルバム「HELP EVER HURT NEVER」もサイババの教えが由来のようです。

まず、アルバムのタイトルである「HELP EVER HURT NEVER」

こちらの言葉はサイババの4つの教えである「常に助け、決して助けない」というものです。

この言葉について「報道ステーション」のインタビューを受けた際にはこのように語っていました。

うちのオトンが大切にしとるというか、よう聞かせてくれていた言葉でもあって、全てのことがそこにきゅきゅきゅーと集約されてるような言葉じゃと思うたんで。

どうやら藤井さんのこのHUHNの精神は、藤井さんのお父さんからの影響もあるようですね。

また、こちらのアルバムに収録されている「何なんw」「帰ろう」などにも、サイババ由来の宗教的精神が見受けられます。

藤井風はヒンドゥー教の信者?

これまでご紹介してきた通り、藤井さんの音楽のバックグラウンドには「宗教」が大きく関連しています。

インドの大聖者であるサイババの教えを大切にしていることから、どうやら彼はヒンドゥー教の信者ではないかという噂があります。

その理由の一つとして彼はベジタリアンであるということが挙げられます。

この、ベジタリアンの生活観念は「アヒンサー」の思想に基づいています。

「アヒンサー」とはヒンドゥー教、ジャイナ教、仏教における大事な教義で、非暴力を意味します。

非暴力とは具体的にどういうことかというと、あらゆる生き物を殺したり害したりすることを禁止するということです。

また、インド由来の主教には「業」とい考えがあり、この考え方に基づくと、暴力を振るうことは「悪の業」ということで、苦の報いを受けることになります。

この考えがベジタリアンと深いつながりがあり、インドではこの「アヒンサー」の考えに基づいて国民の約40%がベジタリアンのようです。

藤井さんがベジタリアンである理由は、この考え方に基づいているからかもしれません。

そしてまた、この考え方の延長に「HELP EVER HURT NEVER」があります。

終わりに

いかがでしたか?

今回は、藤井さんのお気に入りのマントラを通して、藤井さんの音楽性の宗教的バックグラウンドについて掘り下げてきました。

藤井さんの楽曲から感じる、他のアーティストさんには無い唯一無二の優しさに溢れた世界観は、サイババの教えやインドの宗教的思想による影響があったようですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。