藤井風2ndアルバム収録曲『ガーデン』の意味とは?曲のテーマなど調べてみた!

庭

2020年1月24日『何なんw』のミュージックビデオを公開とともにメジャーデビューし、「天才」の呼び名も高くセンス抜群の楽曲と奥の深い歌詞が人気のシンガーソングライター藤井風さん。

2022年3月23日に発売した2ndアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』も大好評です。

2021年には第31回NHK紅白歌合戦にも初出場し、さらに人気がでて最近ではテレビやメディアにも頻繁に顔を出すようになりました!

ワイルドイケメンな見た目や独特な岡山弁でのユーモアのある方言の喋り方もとても人気です!

藤井風2ndアルバム収録曲『ガーデン』の意味とは?曲のテーマなど調べてみた!

藤井風2ndアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』6曲目に収録されている『ガーデン』

優しい藤井風さんの歌声の歌詞が素敵でファンの方からも人気のある曲の一つです!

この曲のテーマや歌詞の意味は何なのでしょうか?

この記事では藤井風さんの2ndアルバム収録曲『ガーデン』の曲のテーマや歌詞の意味など調べてみました。

歌詞の世界観

さて、まずは歌詞の世界観について調べてみます。

『ガーデン』の歌詞にはAメロや様々な箇所に春夏秋冬の言葉がでてきます。

鳥は春を告げて、私は恋をして、素敵な温度だけ触れさせてこの肌で

雲は夏を帯びて、私は目を閉じて、綺麗な時間だけ追いかけて、尽きるまで

夜が秋を読んで、私は旅に出て、素敵な出会いだけ待っていて、その日まで

だから冬よおいで、私を抱きしめて、その手の温もりで生きさせて、溶けるまで

このように全体を通して季節感のある言葉を使用していることで1年の季節の移り変わりを表現している様をこの楽曲からは感じとれます。

また、ガーデンという単語を日本語にすると「庭」です。

ということは庭をテーマにして一年の事を歌っているのでしょうか?

『ガーデン』のテーマや歌詞の意味とは?

『ガーデン』の楽曲のテーマ、また歌詞の意味は何なのでしょうか?

楽曲を聴くとこの曲はとても優しい歌声で歌われていて全体を通してとても暖かい雰囲気を感じます。

また、サビの部分では

花は咲いては枯れ、あなたに心奪われ、それでも守り続けたくて、私のガーデン果てるまで

というフレーズが何度もでてきます。

「何かを守る」というような事を歌っているような気がします。

また、「出会いと別れ」というフレーズも歌詞の中に出てきます。

生きていく中で様々な出会いと別れがあるけれど、それでも守り続けたいという藤井風さんの想いがこの楽曲のテーマと歌詞の意味なのかもしれません。

サビの最後の部分の「私のガーデン果てるまで」ガーデンというのは庭ではなく精神的な心の在り方のような事を表現しているような気がしました。

ネットの評判

次にガーデン』のネットでの評判を調べてみました。

曲の印象を言語化して表現している方がいました。

何度聴いても飽きない魅力がこの楽曲にはあるのですね。

ニューアルバムには色々な楽曲が収録されていますがその中でも『ガーデン』が最高と投稿していますね♪

やはりこの曲はファンの方にとってとても心に残る印象的な楽曲のようです。

『ガーデン』はファンの間でもとても人気の曲のようですが、なんとデモ自体は2019年にはできていたそうです!

長年、藤井風さんの中で温めていた楽曲が今回のアルバムにようやく収録されたようです。

藤井風さんにとっても今回のアルバムにこの曲を収録することには大きな意味があったのではないかと思います。

まとめ

今回は藤井風さんの2ndアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』に収録されている『ガーデン』の意味。

楽曲のテーマなど調べてみました。

  • 『ガーデン』の歌詞には春夏秋冬がでてきて出会いと別れを歌っている
  • 『ガーデン』自体は2019年の頃からデモ曲が存在していた

現在、全国ホールツアー “Fujii Kaze alone at home Tour 2022”ツアー中の藤井風さん。(2022年5月現在)

今後の藤井風さんの更なる活躍がますます楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。