優里 (ゆうり) は帰国子女で英語が上手い?本名や出身・経歴は?

街 ギター 音楽家 音楽 人 J-POP

優里さんの名前を聞くと、『ドライフラワー』の楽曲を思い浮かべるではないでしょうか。

Billboard JAPANのストリーミングチャート”Streaming Songs”で、チャートイン13週目で再生回数1億回を突破しました。

これは男性ソロアーティストでは歴代1位の記録です!

優里 (ゆうり) は帰国子女で英語が上手い?本名や出身・経歴は?

優里のプロフィール

本名 木村優里
出身地 千葉県
生年月日 1994年3月23日
血液型 B型

優里さんの本名は木村優里です。

Twitterで本人が明かしていました。

祖父母宛に手紙を書くなんて、優しいお孫さんですね!

優里は留学経験あり?

優里の英語がすごいと評判になっています。

エド・シーランのヒット曲『Thinking Out Loud』をカバーしています。

英語の発音がとても綺麗ですよね!

この英語力は留学によって培われたものではないでしょうか。

しかし、海外留学についての確かな情報は得られませんでした。

英語が得意なことに関しては、お母さんの影響があるからだと言われています。

彼のお母さんは洋ロックが好きで、彼も小学生の頃はボン・ジョヴィクイーンの曲を聴いていたそうです。

海外留学の経験なしでこれだけの英語力を手に入れたとしたら、相当な努力家ですね!

デビューまでの道のり

彼は2019年の12月に『かくれんぼ』という楽曲でインディーズデビューしています。

その翌年の2020年8月にはソニー・ミュージックレーベルズよりメジャーデビューを果たしました。

どのようにしてデビューまでに至ったのか紹介していきます!

バンドとしての活動

なんと優里はロックバンドの元メンバーだったのです!

そのバンドは『THE BUGZY(ザ・バグジー)』という名前で、4人のメンバーで構成されていました。

もちろん彼はボーカルの担当です。

活動期間は2014年から2019年でしたが、優里は2016年2月に参加しました。

このロックバンドが解散した後、彼はシンガーソングライターとしての活動をスタートさせるのです。

路上ライブで大盛況?

バンド解散後、彼は東京を中心として路上ライブをし始めます。

彼の生歌を無料で聴けるなんて最高ですね!

彼の弾き語り動画はSNSで拡散され、その後注目を集めました。

Hiroと奇跡のコラボ!

2019年10月、渋谷で路上ライブをしていた彼に、奇跡が訪れます。

大人気ロックバンド『MY FIRST STORY』のカバー曲を披露していた際に、そのバンドのボーカルであるHiroさんが偶然通りかかりました

本人が偶然通りかかるだけでもすごいのに、さらにすごいことが起こります。

なんと路上ライブに飛び入り参加したのです!

優里の弾くギターにのせてHiroが歌うという奇跡的なパフォーマンスが、スクランブル交差点の前で繰り広げられました(笑)

この共演の後、さいたまスーパーアリーナで開催された『MY FIRST STORY』のライブのアンコールで優里はサプライズ出演を果たします。

この時披露したインディーズデビュー曲『かくれんぼ』は、Hiroがレコーディング監修を行いました。

渋谷での路上ライブが優里のその後の人生を変えました。

渋谷は優里にとって運命的な場所になったに違いありませんね!

メジャーデビューへ

Hiroとの共演の前も後も彼は自分の歌唱動画をSNSにアップし続けていました。

彼をデビューに最も近づけたのは「Tick Tok」だと言われています。

インディーズ1作目の「かくれんぼ」が続々と使用されるようになったのです。

この楽曲のカバー動画がたくさん投稿されるようになってから、「優里」というアーティストの名前も知られるようになってきました。

その結果、後に『SNS発アーティスト』と言われるようになったのです。

その勢いのままインディーズ2作目となる楽曲『かごめ』を配信すると、USENインディーズチャートで1位を獲得しました。

そして遂に、ソニー・ミュージックレーベルズからメジャーデビュー1作目『ピーターパン』をリリースすることになったのです。

そして、この楽曲の次にリリースされた『ドライフラワー』によって、彼は有名アーティストの仲間入りを果たしました!

デビュー後も勢いが止まりませんね!

まとめ

強運の持ち主でありますが、歌唱の実力があったからこそHiroに認められライブに招待されました。

SNSに歌唱動画を地道に投稿し続けた努力が実ったのではないでしょうか。

今後も彼の活躍に期待ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました