BTS(防弾少年団)メンバーの同棲発覚?ルームシェアしてるメンバーは?

K-pop

2013年にデビューを果たし、さまざまな苦悩を乗り越え、今年で活動8周年を迎えたBTS。

韓国や日本だけではなく、世界中で精力的に活動しており、今やBTSの名前を知らない人はいないのではないかと思えるぐらい、大人気のグループです。

オンラインライブやカムバック、VLIVEなど何かと多忙なBTSですが、しっかり休めているのか気になります。

BTS(防弾少年団)メンバーの同棲発覚?ルームシェアしてるメンバーは?

カメラが回っている前だけではなく、プライベートでもメンバー全員仲が良いと言われています。

練習生時代から一緒に行動し、良いところ悪いところのそれぞれを、お互いが分かっているからこそ、デビューから8年経った今でも仲が良いのではないかと思います。

ルームシェアをしていた期間は?


練習生時代から、BTSメンバーは事務所で用意された「宿舎」で暮らしていました。

残念ながら2021年現在は、ルームシェアが解消されてしまったようですが、2019年まではメンバー全員で宿舎で生活をしていました。

デビュー前~2015年


デビュー前から2015年に住んでいた宿舎は17坪ほどのアパートで、メンバーごとの個別の部屋などはなく、寝る時は2段ベットで寝ていたようです。

食事をする際は、メンバー全員で1つのテーブルを囲みながら食事をしていたようです。

2015年~2017年


2015年から2017年の2年間、メンバーが住んでいた宿舎は、『メセナポリス』です。

メセナポリスでは最初3部屋に分かれて部屋割りがされていましたが、メンバーの中で1人だけ1人部屋を使えることになり、RM(ナムジュン)と同室だったJUNG KOOK(グク)が、ジャンケンで勝ち残り、1人部屋を勝ち取りました。

それまでは、J-HOPE(ホソク)・JIMIN(ジミン・ジミナ)・V(テテ・テヒョン)の3人で1つの部屋を使っていましたが、JUNG KOOK(グク)が1人部屋になったことにより、RM(ナムジュン)とV(テテ・テヒョン)が同室となりました。

SUGA(ユンギ)とJIN(ジン)が同室で、2人とも静かな性格をしており、お互いに気が合うルームメイトとして平和に暮らしていたことが分かります。

ちなみにメセナポリスは、映画や食事などのショッピングモールも併設されており、施設内の店舗数は100店舗も入っているため、生活する上で困ることは無さそうです。

2017年~2019年

2017年から2019年の2年間、メンバーが住んでたとされる宿舎は、『ハンナム・ザ・ヒル』です。

ハンナム・ザ・ヒルに宿舎が移される前までは、相部屋や全員で1部屋を使っていたBTSですが、こちらの宿舎では1人1部屋が割り当てられており、今までの宿舎よりも、断然広いことが分かります。

1人1部屋使用していいのにも関わらず、J-HOPE(ホソク)とJIMIN(ジミン・ジミナ)の2人は、相部屋を希望しルームシェアをしていました。

J-HOPE(ホソク)とJIMIN(ジミン・ジミナ)は、2015年から2017年に住んでいた、『メセナポリス』でも相部屋だった為、そのまま継続し暮らしていたようです。

部屋を別々にせずに、相部屋のままで生活するというのは、2人がとても仲が良いということが分かります。

ちなみに、ハンナム・ザ・ヒルの家賃は1か月150万円以上と言われており、高級物件だということが分かります。

ハンナム・ザ・ヒルの現在は?

現在ルームシェアを解消しているようですが、ハンナム・ザ・ヒル自体は2021年もBTSの宿舎として契約が継続されており、集まりなどがある際は利用されているようです。

BTSのメンバーはそれぞれ、別の場所で生活しているようですが、宿舎として暮らしていた場所が今現在も残っているのは、とても珍しいかと思います。

今後もTwitterやVLIVEなどで、ハンナム・ザ・ヒルの宿舎と共に、仲が良いBTSのメンバー7人の姿を見ることが出来そうです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました